フラット35の技術基準とは?

みなさんはアンカーボルトという部品をご存じでしょうか。
建物の建築において、欠かせない部品のひとつであり、柱などを固定するためにコンクリートの基礎等に埋め込んで使用します。
このアンカーボルトが実はフラット35と大きな関係を持っているのです。
フラット35を利用して住宅ローンを組む場合、その対象となる建物に対していくつかの基準が求められています。
そのひとつとして、アンカーボルトの間隔が木造2階建ての建築の場合には2.
7メートル以内、3階建ての建築では2メートル以内になるように設置しなければならない、とされているのです。
また基礎へ埋め込まれる部分の長さは250ミリとされているなど、いくつかの仕様がありますので、建築の際にはよく確認しておくようにしましょう。
フラット35審査甘い銀行は?年収基準!【自営業落ちた理由】